頼む。

辛いのは「優しすぎるからだ」。

本当かよ、それ。
優しいだけじゃなくて、「過ぎる」ことで本当に社会とつながれないのか?
本人が社会に貢献できていない気持ちに例えばなったとして、それを本人だけの責任にするのか?

デカルトやカントとか、どうして食えたんだ?
社会主義的とかなんとかじゃないだろ。
昔の話で、時代が遅れた考え方だから、じゃないだろ。
ただ単に、そういう放浪をする人間を手厚く受け入れる社会だったからだ。

犬公方と揶揄された綱吉は、犬だけを手厚くさせたわけじゃない。
名前は「犬憐令」ではなく、「生類憐令」だ。
例えば癩病にかかった人を捨てるという風潮を戒め、人に対する扱いを一新させた。
弊害もあったろう。「優生」という考え方をもって社会に一石を投じたその当時ではあまりに突飛な考え方だったかもしれない。
しかしそれを持ちえた人でその影響を与えたし、人々は影響を受けた。

今はどうなんだ?
お金より大切なものがあるとか、愛だけではお金がなければ結局だめだとか、行きつくとこのない議論のようなものを続け、結局ただ稼げばいいはずなのに、人より儲け、人より優れた価値を自分が持ったり生んでいると思いたいことをひたすら確認してるだけじゃないのか?

なんなんだよ、人が作る社会って。
「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」
それはわかったよ。そんなに中庸が大事かよ。
それをできないやつは生きる資格がないっていうのかよ。
じゃぁ、できているやつはいるのかよ?

ちゃんとできていれば稼げているはず、それって本当かよ。
ちゃんと価値の判断ができているのか?
AIに支配されるのは嫌だ、やみくもに怖いといいながら、その道へ進んでいることに加担してないか?
原子力発電反対のシュプレヒコールを上げるために新幹線使って現地へ向かってないか?
自分が今、何をしているのか?をちゃんと止まってみたことあるのか?
あちこちでつじつまが合わないことしてないか?
つじつまを合わせるなんて簡単にできないとか言って、考えることを安易に放棄していないか?
自分ができないことを人の責にしすぎていないか?

自分ができないことを自分のせいだと思い過ぎた人が苦しむ。
確かに、独りぼっちの状態がそれを生む可能性が高い。
独りぼっちになってしまう原因は本人にもあるだろう。

でも、それでも、通常できない公方様への非難を犬公方といって揶揄しただけ、公方様の言いつけをみんな守らせたし守った。
その結果、やはり犬より人が大事だ、人を大事にしよう、姥捨て山も考え直さないといけない・・・などの思考をみんなにさせた。
そして、今リーダーがいないことを自分の責任回避の理由にしているように見える。

ちゃんと生きていれば、稼げる。
稼いでいれば、ちゃんと生きている。
本当に必要条件、十分条件それぞれ満たした命題なのか?

理屈がそんなに大事なのか?
みんな大事にし過ぎていないか、理屈を?
(儲ける)ー(稼ぐ:必要なだけの収入)=(自分の生産性および社会貢献価値)
ってだけに思ってないか?
それを社会にいられる価値であり安寧だと思っていないか?
つまり、結局すべてをお金で換算していないか?

理不尽に思うことをやってみろよ。
大概きっと理不尽と思っていたことが違うから。

頼む、死なないでくれ。
お願いだから。

(書き直し)

みんなが思う正しさを持っていないと社会に属している状態になれないのか?
そんなことはないだろう?
社会にちゃんと所属できていない気がして、そして貢献できていないと本人が思ったとして、それを「お前が悪い」ってだけで片付けるのか?

例えば「優しすぎるから辛く思ってしまうんだ」って、「過ぎる」って言葉は悪いものって意味を知っていて、遠回しにお前が悪いんだよって言っているだけじゃないのか?
今目の前にいる人を直視して、どうしてその人が辛く思っているのかをちゃんと考えもせず、相談に乗ったふりで自分で責任を持った言葉を発さず、そんな相手からも自分が嫌われないように遠回しにだけモノを言ったりする。
自分のことしか考えていないから、目の前にいる人に正しいコミュニケーションを起こすこともなく、気づかずに「それはお前自身が悪いんだよ」って不用意に言って終わる。

人が作る社会って、そんなに冷たいものなのか?

デカルトやカントは、稼いでいないけれども食えた。
それは、人とは何か?理性とはなにか?ってものを追い求めている人だと、食事を提供したり寝床を提供したりする風潮があったからできた。
そんな時代だってあった。

犬公方と言って口々に悪く言われた将軍がいたけれど、悪く言われたのは、弊害覚悟でみんな将軍の言いつけを守ったからだ。
やらなければ、将軍を悪く言うこともなく、しれっとやり過ごしただけになるはずだけれども、悪く言った。
つまり、理不尽に思うことをみんなイヤイヤやった。
その結果、人を大切にするというのはどういうことか?をみんな学んだ。
そうやって結果として、将軍は影響を与え、市民は影響を受けるという「自分と相手」というコミュニティの当たり前の仕組みが正常に作用していた。

今、とりとめもない議論のようなものを続けたりすることがあるが、実のところ単に自分の正しさを「正しいよね?正しいよね?」って聞きまわったり、確認したり、自分が持っているお金、稼いでいるお金の量が社会貢献度という指標にただただ乗っかってほくそ笑んでいるだけになっていないか?
必要以上に儲けられた場合、それだけの価値を社会が認めてくれた結果だ、と短絡に思っていないか?

ちゃんと社会に属して社会活動ができていれば、食っていかれるし、頑張ればそれ以上の報酬にありつける。
確かにそうだ。でも報酬と自分の活動価値が一致しすぎてはいないか?
確かに社会貢献度の指標ではあるし、量はさておいても自分の存在を認めてくれるものではある。
でも、その指標を決めている人たち(つまり社会を構成している我々)が持っている価値観は少々狂っていることはないか?

その価値基準を決めている人は、AIが伸びていくことを怖がりながら、Googleのサービスをフル活用し、Tポイントカードを使ってビックデータを貯めさせている。原子力発電反対!と声高にいうために、電気をフルに使う新幹線を利用して出かけ、原子力発電がなくなり、新幹線の本数が少なくなれば不便だと文句をいう。
そんなつじつまの合っていない感じのことを、とりとめもない議論のようなものの中で自分も知らず知らずに展開している記憶はないか?
そんなバランスの悪い人たちが決めた価値基準による結果を短絡に信じるのか?

自分が今なにをしているのか?
バランスの悪いことをしていることに気が付かず、好きなことを言い、品のないことを言っていることに気が付かず、社会における自分のとったコミュニケーションの結果を理屈で正しさを確認したり、お金に換算したりして、都合が悪ければ「自分は悪くない」の理屈を積み上げる。

目の前にいる人の「個人を尊重する」ってどうすることなのかよくはわからない。
自分の思う価値観と違うことを否定的にたとえ思っても、その存在はちゃんと認めるということは含まれていそうだ。
あなたが相手の存在を認めれば、その相手はあなたとの社会に属せている状態になる。
独りぼっちになってしまう理由は本人にもあるとは思う。
でも、あなたが個人の尊重ができれば独りぼっちを回避できるのではないだろうか。

デカルト、カントのように生産活動をしているとは思えないことでも、施す価値を与えていた社会は存在したが、今は非生産的思考および試行活動と思われる「学問」も、社会が直接助けるのではなく、研究機関がその貢献に対し報酬を支払う「システム」となっている。

自分は別にもらっている報酬を社会貢献度として測っているわけじゃないとか、私は相手のことを気遣って生きているとか、そりゃいちいち考えて生きているのも大変だし、気遣わずに生きることも難しい。
ただ単にちゃんと考えたことがないだけじゃないのか?
自分のやり方だけで、自分を確認して正しいと言っているだけじゃないのか?
自分は大丈夫って短絡に思う人が一番危ないんじゃないか?
単に自分のやり方を常にあちこち使いまわしているだけなことに気が付かないだけじゃないのか?
詰め寄られたら、でもこうやって報酬をもらえている会社に認められ、属し、会社は社会に属しているって思ったりしないか?

人と同じは価値が認めにくい、個性を尊重すべきだと言いながら、違う価値観を認めないという在り方になってないか?
その結果、自分のアイデンティティを感じるための指標をお金に頼らないと心配になってしまったりしていないか?
そうなってしまうのは、理屈が勝ってしまっているからじゃないのか?
独りぼっちになっているのは、独りぼっちになるやつが悪いって決めつけていないか?
自分が独りぼっちではないと思いたい穴埋めをお金で埋めてないか?実はお金は嘘つかないなんてこっそり思っていないか?

目の前にいる人をちゃんと自ら認めてあげるという双方向的コミュニケーション(コミュニケーションは双方向に決まっているのに)ができておらず、システムに認めてもらっていることを確認して独りだけで一方向的に自分が安寧を感じてるだけではないか?

目の前にいる人を生きた状態で感じていないのではないか?

なんか、寂しく、冷たく思わないか?
社会を冷たくしているのは誰のせいなんだ?

自分はできているって思い過ぎていそうだともし思ったら、(思わなくても、)理不尽に思うことをやってみなよ。
理不尽に思ったことをイヤイヤでもやってみると、きっと新しい価値観に出会えて、理不尽と思っていた自分が間違っていたことに気が付くから。
頭で考えた理屈を捨ててみろよ。

そうすれば、俺も死んだ友人も少しは救われる気がするから。

でも、そういう社会に今俺も属している。